HMBは筋肉量を増やさない

HMBは筋肉を増やさないし、筋力(瞬発力・パワー)もつけない 効果なし

いまアスリート向けのサプリとしてHMBが人気です。

ダンベルトレーニング

HMB(β-ヒドロキシβ-メチル酪酸)は、必須アミノ酸ロイシンの活性代謝物です。
ロイシンが分解される際に、5%ほどがHMBになります。

ロイシンやHMBには筋肉の損傷を防ぐ効果がありますが、この目的のためには、ロイシンよりHMBとして摂取する方が、量が20分の1で済むし、効率も良いとされています。
つまり、ロイシンは1日20g-60g摂取する必要がありますが、HMBは1日1-3gで十分です。

このため、筋肉が萎縮しそうなケース(たとえば、AIDSや寝たきりや過激な減量の場合等)では、HMBを摂取することは、役に立つと考えられます。

「HMBは筋肉量を増やさない」の続きを読む…

HMBは筋肉の損傷を防ぐが・・・

HMB(β-ヒドロキシβ-メチル酪酸)は、いま筋トレを行う人たちのなかで、人気のサプリメントです。

それは、HMB(β-ヒドロキシβ-メチル酪酸)が、必須アミノ酸ロイシンに含まれる物質ですが、多量に摂取することで、次のような効果があるとされているからです。

筋力トレーニング用バーベル

  • 筋肉の損傷を防ぐ
  • 筋肉量を増やす
  • 筋力(瞬発力)を高める
  • 筋肉疲労を少なくする
  • 骨密度を高める
  • テストステロン(男性ホルモン)を増やす
  • 無酸素運動能力を高める
  • 成長ホルモンの分泌を増やす
  • 筋肉のこわばりを減らす

しかし、臨床試験では、このうち「筋肉の損傷を防ぐ効果」は認められるものの、その他の効果は否定されている場合がほとんどです。
たとえば「筋肉量を増やす」効果については、8件の臨床試験中2件(それも特殊ケース)で認められていますが、6件で否定されています。

「HMBは筋肉の損傷を防ぐが・・・」の続きを読む…

HMBの体脂肪を減らす効果は小さい

HMB(β-ヒドロキシβ-メチル酪酸)とは、必須アミノ酸ロイシンが私たちの体内で代謝される過程でできる物質です。だいたいロイシンの5%がHMBになると言われています。

HMBは、トレーニングで筋肉内のたんぱく質が分解するのを防いで、筋肉の回復をサポートする働きがあります。
そのため、HMBは筋肉量を増やし、その結果として、体脂肪を減らすとされています。

海外では昔から、ボディビルダーなどに愛用されてきました。最近は日本でも、運動と併せてダイエットしようとする人たちに人気です。

HMB

今回、筋力トレーニングと並行してHMBを多量に摂取することで、トレーニングだけの場合と本当に違いがあるのかを調べてみました。 「HMBの体脂肪を減らす効果は小さい」の続きを読む…