スピルリナとヘモグロビンA1c

スピルリナは、菜食主義者にとっては不足しがちな、たんぱく質とビタミンB12(ビタミンですが、ビタミンB12は動物性食品に多く含まれます)の補給源と考えられています。

スピルリナ

たしかに、スピルリナの55~70%はたんぱく質です。ですが、ビタミンB12については量も多くなく、なにより吸収されにくいので不足分を補うものとは言えません。

スピルリナは、糖や脂肪の代謝を改善する働きがあるとされ、動物実験レベルでは良い結果が得られています。そのため、血糖値が気になる人や脂質異常症の方には気になるサプリの1つとなっています。

今回は、スピルリナのヘモグロビンA1cを下げる効果について調査しました。

「スピルリナとヘモグロビンA1c」の続きを読む…

スピルリナは中性脂肪を減らす

スピルリナは中性脂肪を減らす効果について調査しました。

人を対象にした二重盲検比較試験の結果は分かれていますが、それは被験者の肥満度やスピルリナの種類や量が影響していると思われます。

スピルリナ

「効果なし」とされたものは、どれも「効果あり」の数倍の量をふつうの体型被験者に与えていますので、そのあたりが影響しているのではないでしょうか?
「スピルリナは中性脂肪を減らす」の続きを読む…

スピルリナの血糖値を下げる効果は非常に小さい

スピルリナの効果のなかで、今回は血糖値を下げる効果について調査しました。

藻の仲間の健康食品としては、先にクロレラがありましたが、スピルリナの方が消化吸収されるというので、現在ではスピルリナの方が人気です。

スピルリナ

スピルリナの研究者は、人体に栄養が吸収されやすい理由として、細胞膜が薄いことや構造が簡単なことだけでなく、栄養の組み合わせにもあるのだと言っています。

「スピルリナの血糖値を下げる効果は非常に小さい」の続きを読む…

スピルリナはLDLコレステロールを減らす

スピルリナは、青緑色をした藻の仲間で、「海からのミラクル」とか「スーパーフード」と言われています。栄養が豊富で、カルシウム、ナイアシン、カリウム、マグネシウム、鉄分などのミネラル類、ビタミンB群、多くの必須アミノ酸類を含んでいます。

スピルリナ

スピルリナは愛用者も多く、以下の目的で利用されています

  • 体重を減らす
  • 血圧を下げる
  • 血糖値を下げる
  • コレステロールを減らす
  • PMS(月経前症候群)の症状緩和
  • 耐ストレス性を強くする
  • うつやADHDの改善、など

「スピルリナはLDLコレステロールを減らす」の続きを読む…

スピルリナの血圧を下げる効果はあなどれない

血圧を下げる効果があるサプリメントとして、日本ではあまり注目されてはいませんが、スピルリナは、意外に良いかもしれません。

スピルリナは「最古の植物」とも言われる藻のなかまで、形状が、らせん構造をしているところに特徴があります。
たいへん繁殖力が強く、栄養面でもミネラル類やたんぱく質が豊富なため、将来の食糧危機に対応できるのではという期待もされています。

スピルリナ

「スピルリナの血圧を下げる効果はあなどれない」の続きを読む…