サイリウムのヘモグロビンA1cを下げる効果は小さい

食物繊維は、糖の吸収を穏やかにする働きがあると言われています。

なかでも、でんぷんから抽出した水溶性の食物繊維である難消化性デキストリンを含んだ多くの商品は、特定保健用食品(トクホ)として「食後の血糖値の上昇を緩やかにする」という表示が認められています。

難消化性デキストリンを含んだコーラ

とはいえ、難消化性デキストリンについては、それ以上のこと=空腹時血糖値やヘモグロビンA1cへの影響に関してはほとんど調査されていないようです。
(Indigestible Dextrinで論文を検索しましたが、見つかりませんでした)

同じ食物繊維でも、オオバコから抽出したサイリウムについては、いくつか実験や論文もありますので、紹介します。

「サイリウムのヘモグロビンA1cを下げる効果は小さい」の続きを読む…

尿酸値が高い人におすすめは、サイリウム

尿酸値が高い人は圧倒的に男性が多いです。
(女性は、女性ホルモンのおかげで低く抑えられます)
なかでも、尿酸値が7.0mg/dlを超えると、高尿酸血症と診断されます。

尿酸値が高いままにしておくと、通風の原因になります。
また、尿路結石や腎障害を引き起こす恐れも高まります。

腹痛の男性

通風も尿路結石も、数ある病気のなかでも、たいへん痛い病気の代表とされていますので、絶対かかりたくないですよね。

そこで、尿酸値が高い人向けのサプリメントについて調査してみました。
「尿酸値が高い人におすすめは、サイリウム」の続きを読む…

サイリウムには食欲を抑える効果はあるが…

ダイエットは「食欲との闘い」がキツイですよね。
ダイエットサプリとして販売されているもののなかには、食欲を抑える、コントロールすると謳われているものがありますが、実際のところどうなのでしょうか?

サイリウム入りフレーク

なお、食欲に関する調査は、血圧や体脂肪と違って、機械で測られるものではなく、アンケートによるものですので、結果にバラツキがあると思います。
(肉体的な飢えと主観的な食欲との区別ができません)

先ずは、サイリウムと食欲について調査しました。
サイリウム=食物繊維ですので、満腹感をもたらすと思いますが… 「サイリウムには食欲を抑える効果はあるが…」の続きを読む…

サイリウムに体重を減らす効果はない

食物繊維には、便通を良くし、糖や脂肪の吸収をゆるやかにする働きがあります。
食物繊維サプリの代表といえば、サイリウムです。

サイリウムは、プランタゴ・オバタというオオバコの仲間の植物の種皮から抽出されたものです。「オオバコダイエット」は、このサイリウムを毎日8-16g摂取します。

オオバコ=サイリウム

実践者にはけっこう痩せた人も多いようです。
「サイリウムに体重を減らす効果はない」の続きを読む…

サイリウムのLDLコレステロールを減らす効果は限定的にある

サイリウムのサプリメントが、LDLコレステロールの値を下げるかについて調査しました。

食物繊維をたくさん含む食品は、食物繊維と一緒にコレステロールの体外に排出する働きがあるので、血中の悪玉(LDL)コレステロールを減らすと考えられています。

それを確かめるために、食物繊維を多量に含むオオバコの一種であるサイリウムで調べてみました。

サイリウム入りフレーク
*日清食品もサイリウム入りのフレークやヌードルをトクホ(特定保健用食品)として出しています。

「サイリウムのLDLコレステロールを減らす効果は限定的にある」の続きを読む…