アマチャヅルはインスリン抵抗性を改善する

血糖値が高くなる要因には、血糖値を調整するホルモンであるインスリンが関係しています。

  1. 分泌されるインスリンの量が少ない
  2. 分泌されていても、インスリンうまく作用しない

このうち、2の場合をインスリン抵抗性が高いと言っています。

インスリン抵抗性を測る簡易指標として、HOMA-IR(Homeostasis model assessment-Insulin Resistance)というのがあります。

日本人の場合、HOMA-IR が1.6未満が正常値で、2.5以上であればインスリン抵抗性があるということになっています。

あまちゃづる茶

サプリメントのなかで、インスリン抵抗性を改善するもの=インスリンの効きを良くするものはないかと調べたところ、アマチャヅルが良いことがわかりました。
「アマチャヅルはインスリン抵抗性を改善する」の続きを読む…

アマチャヅルはヘモグロビンA1cを下げる

ヘモグロビンA1cが高いと息切れしやすくなると言われています。
赤血球中のヘモグロビンは、酸素を全身に運んでいますが、ヘモグロビンのうち糖と結びついたヘモグロビンA1cの割合が多くなると、その分酸素を運べなくなるからです。

もしあなたが最近、息切れを感じているなら、それはヘモグロビンA1cが高いせいかもしれません。

アマチャヅルは、近年血糖値を下げる効果が注目されています。ヘモグロビンA1cも下げますので、血糖値が気になる人はお茶として常飲されてはいかがでしょうか?
「血糖値が高い人にオススメ」と宣伝しているサプリやトクホ商品と違って、安価で続けやすいです。

あまちゃづる茶 「アマチャヅルはヘモグロビンA1cを下げる」の続きを読む…

アマチャヅルは長期間服用すると体重を減らす可能性がある

アマチャヅルは、30年近く前にブームになったということですが、すぐに下火になってしまったそうです。

ところが、最近の臨床試験データを見ると、半年以上の服用で脂肪肝の改善やダイエットに期待が持てそうでしたので、紹介させて頂きます。

本当は長く常用するすれば健康効果はあるのに、もったいないように思います。

太った男性のお腹

「アマチャヅルは長期間服用すると体重を減らす可能性がある」の続きを読む…

アマチャヅルは血糖値を下げる

アマチャヅルは、別名Southern Ginseng(南の高麗人参)とも ‘Cheap Ginseng(安価な高麗人参)とも呼ばれていて、高麗人参と同様のサポニンを含んでいます。
といっても高麗人参の仲間ではなく、ウリ科の植物です。

日本でアマチャヅルがブームになったのは30年近く前だそうですが、近年になって、アマチャヅルが空腹時血糖値を下げる効果があるということが発表されて海外ではたいへん注目されています。

あまちゃづる茶

しかも、血糖値を一時的に下げるだけでなく、ヘモグロビンA1c、インスリン抵抗性まで改善する効果もあるというので、気になる方にはたいへんおすすめです。

「アマチャヅルは血糖値を下げる」の続きを読む…