S-アデノシルメチオニンと関節炎

S-アデノシルメチオニン(SAMe)は、必須アミノ酸メチオニンとアデノシン3リン酸(ATP)分子が結合した物質で、血液によって体内を循環し、ヒトの代謝に深く関わっています。

S-アデノシルメチオニン(SAMe)は、体内に広く存在しますが、関節内で低レベル状態になると変形性関節炎の危険が増すとされています。

テクテクサポート

そのため、1日600-1200mgのSAMeを長期摂取することで、関節炎の症状が改善した事例が複数報告されています。

「S-アデノシルメチオニンと関節炎」の続きを読む…