シトルリンはアルギニンより一酸化窒素を増やす

シトルリン(L-シトルリン)はアミノ酸の1種で、摂取すると腎臓でL-アルギニンに変換されます。
サプリメントとして摂る場合、L-アルギニンを飲むよりも、L-シトルリンの方が効果的に体内のL-アルギニンを増やすことがわかっています。

シトルリンはとくにスイカに多く含まれていて、ウォーターメロン・エキスとして販売されている場合もあります。

シトルリン

シトルリン(L-シトルリン)は、「L-アルギニンを増やす」→「一酸化窒素を増やす」として、男性機能回復に役立つといっているサプリメントのほとんどにも含まれています。

「シトルリンはアルギニンより一酸化窒素を増やす」の続きを読む…