L-アルギニンと成長ホルモン 効果はあまりない

成長ホルモン(GH)は、名前の通り、成長を促したり若さを保つ役割をする、脳下垂体から分泌されるペプチド型ホルモンです。

成長のイメージ

成長ホルモンは、経口摂取では、胃で分解されてしまうため効果はありません。注射による治療は、特定の疾患の場合に限って、認められています。アンチエイジングや肉体改造のための成長ホルモン摂取は、副作用が懸念されるため、認められていません。

したがって、普通の健康な人が成長ホルモンを増やすには、運動、睡眠、栄養に注意することが必要です。サプリメントでは、L-アルギニン(L-シトルリン)、L-グルタミン、アルファGPC、ビタミンC等が関係あると言われています。

「L-アルギニンと成長ホルモン 効果はあまりない」の続きを読む…

アルギニンの一酸化窒素を増やす効果は小さい

アルギニン(L-アルギニン)は、体内で一酸化窒素を生成する際に材料となるアミノ酸です。そのため、男性機能回復(ED対策)サプリとか増大サプリと称するものには、必ずと言って良いほど含まれている成分です。

L-アルギニン

といっても、アルギニンが不足する場合は問題でしょうが、過剰に摂取しても一酸化窒素が増えるとは限りません。そういう例は他のサプリでも多くあります。

ですから実際に「L-アルギニンを飲んだら体内で一酸化窒素が増える」のか調査してみました。

*一酸化窒素と血流、男性機能の関係については、クルクミン(ウコン)は一酸化窒素を増やすの記事を参照下さい。
「アルギニンの一酸化窒素を増やす効果は小さい」の続きを読む…

L-アルギニンはサプリで飲んでも血流アップ効果は小さい

アルギニンは、準必須アミノ酸と呼ばれていて、基本的には体内で合成されますが、乳幼児では母乳や食品からも摂取することが必要とされているアミノ酸です。

アルギニンは、私たちの体内における一酸化窒素のレベルを上げて、血流を促進する働きがあります。

そのため、L-アルギニンのサプリメントとして摂取すると、血流が良くなり

  • 男性機能回復
  • 高血圧対策
  • 成長ホルモンの分泌促進
  • 動脈硬化予防、など

に効果があるように宣伝されています。

L-アルギニン 「L-アルギニンはサプリで飲んでも血流アップ効果は小さい」の続きを読む…