サラシアはヘモグロビンA1cを下げる効果は小さい

サラシアは食後の血糖値の上昇を穏やかにするとして、よく知られています。
サラシアを飲み続けることで、ヘモグロビンA1cも下がるのでしょうか?
調べた結果を紹介します。

サラシア

サラシア(Salacia Reticulata)は、南アジアなどに自生する、つる性の植物です。インドのアーユルヴェーダで用いられていていて、腸内での糖質の吸収を抑制する働きがあります。そのためトクホで「糖の吸収をおだやかにする」という表示が認められている食品にも用いられています。

「サラシアはヘモグロビンA1cを下げる効果は小さい」の続きを読む…

サラシアは、食後の血糖値の上昇を抑える

血糖値が高い方へおすすめのサプリメントは、たくさん発売されていますが、効果が科学的に確認されているのは、ベルベリンとサラシアです。

このうち、サラシア(Salacia Reticulata)は、インドのアーユルヴェーダで用いられているハーブです。別名コタラヒムブツとも言い、スリランカなどに自生する、つる性の植物です。

サラシア

サラシアは、腸内での糖質の吸収を効果的に抑えます。
その働きはアカルボースという糖尿病薬に類似しています。

「サラシアは、食後の血糖値の上昇を抑える」の続きを読む…