アルファGPCはアルツハイマーに効果あり

認知機能には、神経伝達物質アセチルコリンが深く関わっています。
アルツハイマー型認知症は、脳神経が変性してしまって、脳神経細胞内でアセチルコリンの量が低下してしまう病気です(コリン仮説)。

アセチルコリンを増やすには、コリンの材料となるレシチン(ホスファチジルコリン)を摂取する方法がありますが、実は、前駆体であるアルファGPC(グリセロホスホコリン)として摂取する方がより効率的だということがわかっています。

アルファGPC

アルファGPCをサプリメントで摂取した場合に、認知機能が改善したという臨床試験が行われていますので、紹介させて頂きます。

「アルファGPCはアルツハイマーに効果あり」の続きを読む…