赤ワインエキスは頭を良くする効果なし?

「知的生活の方法」という本のなかで、ワインのお話が出てきます。
ドイツの哲学者カントも毎昼食には赤ワインを飲んでいたとか。

知的生活の方法

加えて、著者である渡部昇一先生の体験談として、ワインは、ビールや日本酒と違って、飲んだ後でも頭が働くとおっしゃっていると記憶しています。

近年、赤ワインの健康成分レスベラトロールが脳内の海馬の活動を盛んにするという主張もあるようです。

レスベラトロールのサプリ

実際に、赤ワインエキスが頭の働きを良くするのか、調査してみました。

「赤ワインエキスは頭を良くする効果なし?」の続きを読む…

ピクノジェノールの頭を良くする効果

フランス海岸松の樹皮から抽出したエキスであるピクノジェノールについては、イチョウ葉エキスに負けないくらい血流を増やす効果があります。

その結果として、ピクノジェノールは、慢性静脈不全に効果があり、また、男性のED、女性にとってはありがたい肌の質や弾力性を保つのにおすすめのサプリメントとなっています。

ピクノジェノール

加えて、ピクノジェノールは、脳の働きを良くして、記憶力をアップさせたり、注意力を高める、IQのスコアを上げるとも言われます。このことについては有名な臨床試験があります。

「ピクノジェノールの頭を良くする効果」の続きを読む…

ホスファチジルセリンの頭を良くする効果

ホスファチジルセリン(PS)は、脳の働きをサポートする成分と言われています。

ただ、記憶力に関しては、高齢者への臨床試験の結果は、「ある」とするものと「ない」とするものが混在しているとお話させて頂きました。
そのため評価はC(効果は小さい)としています。

ホスファチジルセリン(ビタコスト社)

今回は、ホスファチジルセリン(PS)が計算能力やワーキングメモリーを向上させるという試験結果がありましたので、報告します。

「ホスファチジルセリンの頭を良くする効果」の続きを読む…

L-チロシンの頭を良くする効果

L-チロシンは、ノルアドレナリンとドーパミンという2つの神経伝達物質の生成に関わるアミノ酸です。

L-チロシンをサプリメントとして摂取することで、抗ストレス効果があります。
その結果、ひどいストレス状態でも記憶力や集中力が落ちずに、頭を働かせることができるとされています。

L-チロシン

L-チロシンは、強いストレッサー(ストレス要因)の30分から60分前に、500から2000mgを摂取します。L-チロシンを大量摂取すると消化不良を起こすことがあります。その場合は、2回か3回に分けて飲むようにします。

「L-チロシンの頭を良くする効果」の続きを読む…

ロディオラ・ロゼアの頭を良くする効果

これからしばらく「頭を良くする」効果があるサプリメントはどれか、というテーマでお話をさせて頂きます。

ここで、「頭を良くなるサプリ」というのは、単純に「テストの成績が上がるサプリ」を意味しています。


管理人は、もちろん「頭が良い」とはなにかという問題があることは承知しています。
(私見では、創造力がある方が頭が良いと考えています)
が、評価が簡単であることや一般的な意味あいから「テストの成績が上がる」=「頭が良くなる」という表現を使っています。

ロディオラ・ロゼアのサプリ

この項目で、もっとも評価が高いと思われるのは、ロディオラ・ロゼア(イワベンケイ)です。

「ロディオラ・ロゼアの頭を良くする効果」の続きを読む…