ブルーベリーが血糖値を下げるのは、葉の方?

ブルーベリー(の実)の健康効果としては、血糖値を下げる効果が海外のサイトでは宣伝されているようです。
実際に、臨床試験でインスリン抵抗性が20%程度改善したという報告も出ています。1)

しかし、調べたところでは、ブルーベリーの実には、食後の血糖値の上昇を抑える効果も、空腹時血糖値を下げる効果も否定されています。

ブルーベリーの実と葉

その代わり、ブルーベリーの葉の抽出物の方には効果があるようで、4週間の摂取で、39mg/Lも空腹時血糖値が下がっているというデータがあります。2)
ブルーベリーの葉の効果は日本でも注目されていて、宮崎県と宮崎大学の共同研究がNHKの情報番組「あさイチ」で紹介されています。

以下では、ブルーベリーの実と血糖値の関係についての臨床試験の結果について書いています。

「ブルーベリーが血糖値を下げるのは、葉の方?」の続きを読む…

亜鉛が血糖値を下げる場合

亜鉛は16ある必須ミネラルの1つです。

推奨されている一日の摂取量は、日本人女性で7mg、男性で9mgとたいへん微量です。
しかし、亜鉛は私たちの体内の酵素の働きに関わっていて、非常に重要な栄養素です。
不足すると、免疫力が落ちたり、ホルモンバランスが崩れて、さまざまな体の不調をもたらします。

最近は、脱毛予防や育毛、白髪に良いとして亜鉛が注目されています。
また、精力サプリ(精子の数を増やす)、妊活サプリにも、必ず亜鉛が入っていたりします。

亜鉛サプリ

管理人は、数あるミネラルの中で亜鉛だけを摂取することには疑問を感じます。
しかし、亜鉛不足が原因で起こる不調に対しては、サプリメントとして摂取することが有効なケースもあるようです。

今回は、亜鉛と血糖値について取り上げます。

「亜鉛が血糖値を下げる場合」の続きを読む…

アマチャヅルは血糖値を下げる

アマチャヅルは、別名Southern Ginseng(南の高麗人参)とも ‘Cheap Ginseng(安価な高麗人参)とも呼ばれていて、高麗人参と同様のサポニンを含んでいます。
といっても高麗人参の仲間ではなく、ウリ科の植物です。

日本でアマチャヅルがブームになったのは30年近く前だそうですが、近年になって、アマチャヅルが空腹時血糖値を下げる効果があるということが発表されて海外ではたいへん注目されています。

あまちゃづる茶

しかも、血糖値を一時的に下げるだけでなく、ヘモグロビンA1c、インスリン抵抗性まで改善する効果もあるというので、気になる方にはたいへんおすすめです。

「アマチャヅルは血糖値を下げる」の続きを読む…

スピルリナの血糖値を下げる効果は非常に小さい

スピルリナの効果のなかで、今回は血糖値を下げる効果について調査しました。

藻の仲間の健康食品としては、先にクロレラがありましたが、スピルリナの方が消化吸収されるというので、現在ではスピルリナの方が人気です。

スピルリナ

スピルリナの研究者は、人体に栄養が吸収されやすい理由として、細胞膜が薄いことや構造が簡単なことだけでなく、栄養の組み合わせにもあるのだと言っています。

「スピルリナの血糖値を下げる効果は非常に小さい」の続きを読む…

にんにくに血糖値を下げる効果はない

にんにくのサプリメントは、日本に限らず、世界中で健康食品として人気があります。

管理人は、いろいろ調査してみて、動脈硬化の予防にはいちばんのおすすめだと思っています。
なかでも、血圧を下げる効果、悪玉コレステロールを減らす効果が高いことが確認されています。

にんにく

それでは、血糖値についてはどうかというと、残念ながら、良い結果は得られていないようです。
「にんにくに血糖値を下げる効果はない」の続きを読む…