アシュワガンダと不安感

アシュワガンダは、インドのアーユルヴェーダで用いられているハーブで、ストレスから神経系を守ると言われています。また、抗がん作用やアンチエイジングの効果も期待されていて、実際に日本の病院でもがん治療に使われている事例があります。

アシュワガンダのサプリメント

アシュワガンダという名前は、「馬のニオイ」という意味だそうです。
これはアシュワガンダの新鮮な根から発する臭いが、馬の臭いに似ていることによります。同時に、馬のように元気に力がつくことを意味しているという話もあります。

アシュワガンダは、日本では医薬品に指定されています。通販で売っているところがありますが、サプリメントとしては購入できません。また、海外製の精力剤サプリメントに含まれていることが多いので、購入には注意が必要です。

「アシュワガンダと不安感」の続きを読む…

DHA&EPAは不安感を軽減する

不安感は、心配や恐怖で、気分が悪く、不愉快な、幸福感が欠如した心の状態を言います。その心配や恐怖は、とくに具体的な根拠があるわけではなく、悪い出来事が起こるかもしれないという感覚に基づいています。

不安感に襲われる女性

強い不安感が続く状態は、精神障害の1つ(不安障害)とされます。

不安障害に対しては、カバがもっとも有効なハーブの1つとされ、実際に8件の臨床試験でも高い効果が認められています。一方で、カバには肝臓障害など深刻な副作用の危険も指摘されており、医薬品扱いになっています。

一方、副作用がないものとしては、DHA&EPAなどが、不安感を軽減するサプリとして勧められます。

「DHA&EPAは不安感を軽減する」の続きを読む…