赤ワインエキスの血流アップ効果は小さい

前回、グレープシード(ぶどう種子エキス)の血流を増やす効果を紹介しましたが、同じブドウでも赤ワインのエキスもサプリとして販売されています。

赤ワインに含まれる健康成分は、ぶどうの皮などに多く含まれるレスベラトロール(Resveratrol)です。
レスベラトロールも、血流を改善し、動脈硬化や心臓疾患を予防する効果が謳われています。さらに認知症を予防するとも宣伝されています。

赤ワイン

赤ワインにそんなに健康効果があるのか?
今回は、レスベラトロールの血流改善効果を調査してみました。

スポンサーリンク

赤ワインエキスの血流を改善する効果

赤ワインエキスの血流を良くする効果

調査レベル:C
人を対象にした二重盲検比較試験が1件

効果レベル:C(効果は小さい)

1件だけですが、赤ワインエキスに含まれるレスベラトロールにも血流を良くする効果が認められています。

心筋梗塞を起こした患者40人を対象にした試験で、毎日10mgのレスベラトロールを3ヶ月摂取したグループは、FMD測定で血管拡張が確認された。左心室の機能が回復したことも認められたが、心臓の機能全体が改善されたかは不明。LDLコレステロールやヘモグロビンA1cも改善の傾向にはあるものの、偽薬のグループとの有意差は認められなかった。
(出典:Clin Hemorheol Microcirc. 2012)

結論:赤ワインエキスにも血流アップ効果は認められるが、程度については不明。

【関連記事】
グレープシードは血流を良くする
血流を良くするサプリのおすすめは、カカオエキス

スポンサーリンク