茶カテキンはコレステロールを減らす効果があるが…

お茶に含まれるカテキンは、抗酸化作用と脂肪を燃焼する効果があるとして、日本では盛んに宣伝しています。

なかでも伊藤園のカテキン緑茶は、「脂肪がつきにくい」「LDL(悪玉)コレステロールを減らす」というトクホの表示許可を得ています。

カテキン緑茶

今回は、茶カテキンに本当にLDL(悪玉)コレステロールを減らす効果があるのか、調査してみました。

スポンサーリンク

茶カテキンのコレステロールを減らす効果

茶カテキンのLDLコレステロールへの効果

調査レベル:B
人を対象にした二重盲検比較試験が4件

効果レベル:C+(効果は一般的にあるが小さい)

4件全部で、LDLコレステロールについて減らす効果がいちおう認められています。
ただ、数字を見ると、にんにくやナイアシンに比較すると小さいものですので、C+評価としました。

更年期の女性103人に茶カテキン 400mg または 800mgを毎日2ヶ月間摂取してもらったところ、LDLコレステロールが顕著に下がった。血糖値やインスリンは偽薬と比べて有意差はなかった。
また、400mg または 800mgとで効果に差異はなかった。
(出典:Cancer Prev Res (Phila). 2012 Mar)

脂質異常症の患者33人に、低脂肪ダイエットとあわせて250mgの緑茶カテキン入りのカプセルを8週間飲んでもらったところ、LDLコレステロールは4.5%、総コレステロールは3.9%減少した。HDLコレステロールと中性脂肪の値は変わらなかった。
(出典:Arq Bras Cardiol. 2009 Aug)

日本の小学生41人を対象に576mgのカテキン入り飲料を毎日24週間飲んでもらったところ、体脂肪に変化はなかったが、LDLコレステロールは減少した。
(出典:Obesity (Silver Spring). 2008 Jun)

491mgの緑茶カテキンを毎日3ヶ月間78人の肥満女性に飲んでもらったが、体重もBMIも腹囲も減らなかった。が、中性脂肪やLDLコレステロールは減少した。
(出典:Clin Nutr. 2008 Jun)

結論:茶カテキンのコレステロールを減らす効果は小さい。また体脂肪は減らない可能性が高い。

【関連記事】
悪玉(LDL)コレステロールが気になる人に おすすめは「にんにく」
ビタミンB3はLDLコレステロールを減らすが…

スポンサーリンク