マカに女性ホルモンを増やす効果なし

マカは南米ペルーで育てられ、古くから精力剤として用いられてきました。
実は、ブロッコリーの仲間(アブラナ科)だそうです。

マカは、女性ホルモンの分泌量を整えるので、更年期で苦しんでいる女性とか、不妊で悩んでいる女性におすすめとも盛んに宣伝されています。

マカ

本当にそうでしょうか?
マカが女性ホルモンを増やす効果について、臨床試験の結果を調べてみました。

スポンサーリンク

マカの女性ホルモンを増やす効果

マカの女性ホルモンを増やす効果

調査レベル:C
人を対象にした二重盲検比較試験が3件

効果レベル:D(効果はない)

3件の臨床試験のうち女性を対象にしたものは1件です。

14人の更年期の女性を対象にした実験で、3.5gのマカを6週間毎日摂り続けたグループは更年期のイライラやうつなどの精神的症状は改善したものの、女性ホルモン(エストロゲン)も男性ホルモン(アンドロゲン)の量には変化がなかった。
(出典:Menopause. 2008 Nov-Dec)

残り2件は男性を対象にしたものですが、やはりホルモンには影響しないという結論になっています。

21歳から56歳までの男性56人を対象にした実験で、12週間毎日1.5g摂ったグループも、3g摂ったグループも性欲は高まったが、テストステロンもエストラジオール他各種ホルモンに変化はなかった
(出典:J Endocrinol. 2003 Jan)

結論:マカは更年期の女性になんらかの効果はもたらすようだが、女性ホルモンにも男性ホルモンにも影響しない。

【 関連記事 】
フィーバーフューは偏頭痛に効果があるが…
L-アルギニンはサプリで飲んでも血流アップ効果は小さい

スポンサーリンク