ポリコサノールのLDLコレステロールを減らす効果は小さい

ポリコサノールは、キューバのサトウキビから抽出される油成分です。
日本ではあまり知られていませんが、米国ではコレステロールを減らすとしてたいへん注目されています。

ポリコサノール

しかし、最初は、キューバからの発表でたいへん効果があるとされていましたが、その後は、各国の研究ではそれを打ち消すものが次々に出ている、というのが現状のようです。

スポンサーリンク

ポリコサノールと悪玉コレステロール

ポリコサノールのLDLコレステロールへの効果

調査レベル:A
人を対象にした二重盲検比較試験が13件

効果レベル:C(効果は小さい)

13件の二重盲検比較試験のうち、ポリコサノールがLDLコレステロールを減らすとするものは6件、効果なしとするものは7件となっています。

効果ありとするものは

589人の高血圧、または、2型糖尿病の患者に1年間5mg、または10mgのポリコサノールを摂取してもらったら、脂質の代謝が顕著に改善した。その結果、LDLコレステロールは、20.5%, 総コレステロールは 15.4%, 中性脂肪は 11.9%減少した。
(出典:Drugs R D. 2002)

高コレステロール血症で血栓症のリスクの高い患者179人に6週間の食餌療法の後、12週間にわたって、5mg、または10mgのポリコサノールを摂取してもらった。すると5mgのグループは16.9%、10mgのグループは24.4%、LDLコレステロールが減少した。
(出典:J Gerontol A Biol Sci Med Sci. 2001 Mar)

一方で、近年の実験では「効果なし」とするものが多いです。

64人に10mgのポリコサノールを摂取してもらったが、脂質の代謝に変化はなく、LDLコレステロールの値も下がっていない。
(出典:Complement Ther Med. 2008 Apr)

20mgのポリコサノールを99人に12週間飲んでもらったが、血中の脂質を示す数値に影響はなかった。
(出典:Am Heart J. 2006 Nov)

他のサプリメントとは違って、「効果あり」とするものと「効果なし」とするものの差があまりに大きいです。
そのあたりの事情がわからないと、なんとも言えないと思います。

結論:現時点では、ポリコサノールのLDLコレステロールを減らす効果は小さいと言える

【関連記事】
悪玉(LDL)コレステロールが気になる人に おすすめは「にんにく」

スポンサーリンク