フィーバーフューは偏頭痛に効果があるが…

偏頭痛は慢性頭痛の1つで、強い痛みが数時間から3日間ほど続きます。
はげしい吐き気=おう吐を伴うこともあります。
また、偏頭痛の発作が起こる予兆として、30分から1時間前に目がチカチカすることも多いです。

偏頭痛の人は女性に多く、日本には800万人以上いると推定されています。
でも、そのうち病院に通っている人は、20万人(1/40)くらいかしかいないそうです。

頭痛の女性

残りの人は市販の鎮痛薬を飲んで我慢しているのでしょうか?

でも鎮痛薬の使いすぎは別の頭痛を引き起こしかねません。サプリメントを検討してみてはいかがかと思います。
実は偏頭痛に効くサプリメントは意外にたくさんあります。

  • ビタミンB2
  • チェストツリー
  • コエンザイムQ10
  • ラベンダー
  • マグネシウム
  • メラトニン
スポンサーリンク

なかでも古くから有名なのは、フィーバーフュー(日本名はナツシロギク 夏白菊)です。
偏頭痛の症状を和らげたり、毎日服用すると、偏頭痛が起こる頻度を減少させることができます。

フィーバーフューの偏頭痛への効果

フィーバーフューの偏頭痛への効果

調査レベル:B
人を対象にした二重盲検比較試験が4件

効果レベル:B(顕著な効果がある)

臨床試験ではいちおう全てのケースで効果が認められています。

170人の偏頭痛患者に対して行われた実験で、6.25mgのフィーバーフューを1日3回12週間飲み続けたグループは、次の4週間に偏頭痛の発作に襲われる回数が減少した。(1ヶ月4.76回だったのが、1.9回減った)副作用はとくに認められなかった。
(出典:Cephalalgia. 2005 Nov)

147人の偏頭痛に苦しむ人を対象に行われた実験で、7日に1回以上の発作のある人にはフィーバーフューが有効であった。
(出典:Cephalalgia. 2002 Sep)

フィーバーフューを飲み続けることで、偏頭痛の回数を減らすことができますが、効果には個人差があります。

発作の回数が多い人、さらに予兆が見られる人に効果が顕著です。
でも、偏頭痛の発作の回数が少ない人にはフィーバーフューの効果は小さいようです。

結論:フィーバーフューは重い偏頭痛の人に効果はあるが、軽い症状の人への効果は小さい。

【関連記事】
クルクミン(ウコン)の鎮痛効果は優れている

スポンサーリンク