ナットウキナーゼの血圧を下げる効果は、小さい

納豆は健康に良い食品として知られています。
納豆のネバネバ成分に含まれるナットウキナーゼは、血液をサラサラにする効果があるとして、サプリメントも販売されています。

納豆

ナットウキナーゼは、血栓を溶かすと言います。
怖い脳梗塞なども予防できるのでしょうか?

スポンサーリンク

血栓を溶かすはたらきは、試験管レベルで認められています。

では、血液をサラサラにするというナットウキナーゼに、人体レベルで血圧を下げる効果はあるのでしょうか?

高血圧に対するナットウキナーゼの効果

ナットウキナーゼと血圧

調査レベル:C
人を対象にした二重盲検法による調査は1件のみ

効果レベル C(効果はあるが小さい)

太り気味の男女86人に対して、2000 FU のナットウキナーゼを8週間摂取してもらったところ、収縮期血圧(上の血圧)が、平均 5.55mmHG 低下しました。
86人のうち、高血圧の人のレニン活性を低下させる効果も認められました。ただし、顕著ではありません。

なお、ナットウキナーゼの悪玉コレステロール、中性脂肪を低下させる効果も似たようなものです。効果は大きくはありません。
(出典:Hypertens Res. 2008 Aug)

まとめ:
ナットウキナーゼの血圧を下げる効果は、認められますが、それほど大きくはない。

スポンサーリンク