セサミンの血圧を下げる効果は?アンチエイジング効果は?

ゴマは昔から栄養価の高い食品として知られていました。
小粒ながら栄養価が高く、良質の脂質やたんぱく質、ビタミン類(とくにビタミンE)が豊富に含まれています。

そんなゴマのイメージからか、ゴマから抽出されたセサミンのサプリメントが、サントリーはじめいろんなメーカーから発売されています。
ゴマ

スポンサーリンク

そこでうたわれているセサミンの効果としては
・抗酸化作用 アンチエイジング、若さを保つ
・血圧を下げる、など
があるとされています。

本当にセサミンにそんなに効果があるのでしょうか?
調べてみました。

高血圧に対するセサミンの効果

セサミンの高血圧への効果

調査レベル:C
人を対象にした二重盲検法による調査は1件のみ

効果レベル:C(効果はあるが小さい)

45歳から64歳の男女25人に毎日60mgのセサミンを4週間摂取してもらったところ、上の血圧が平均 3.5(mmHg)、下の血圧が 1.9(mmHg)だけ下がった。
(出典:2009年2月 J Nutr Sci Vitaminol (Tokyo) )

結論:ゴマの健康成分セサミンは、血圧を下げる効果は大きくない。

セサミンの抗酸化効果

セサミンは、お茶のカテキンやブルーベリーのアントシアニンなどと同様に、抗酸化作用の高いポリフェノールの一種とされています。

ところが、人を対象にした調査が行われたとは発表されていません。
セサミン(Sesamin)が表題の論文を300件ほど調べましたが、動物実験のものでした。
そのためセサミンの抗酸化作用の効果については、はっきりとはわかっていません。

セサミンの抗酸化効果

調査レベル:E
人を対象にした調査は不明

効果レベル:不明

結論
セサミンの抗酸化作用については、不明です。

抗酸化作用のある成分としては、ビタミンE、ビタミンC、コエンザイムQ10、アルファリポ酸、などが実験が多く行われています。
若さを維持する目的でしたら、ビタミンE、ビタミンC等の方がおすすめです。

【関連記事】
高血圧の人におすすめのサプリは、「にんにく」である

スポンサーリンク