スピルリナは中性脂肪を減らす

スピルリナは中性脂肪を減らす効果について調査しました。

人を対象にした二重盲検比較試験の結果は分かれていますが、それは被験者の肥満度やスピルリナの種類や量が影響していると思われます。

スピルリナ

「効果なし」とされたものは、どれも「効果あり」の数倍の量をふつうの体型被験者に与えていますので、そのあたりが影響しているのではないでしょうか?

スポンサーリンク

一般的には、メタボリックシンドロームやその関連疾患(高血糖、高血圧、高脂血)の人が、1g-2gのスピルリナを毎日摂ることで、10から15%中性脂肪が減ることが期待できます。

スピルリナの中性脂肪を減らす効果

スピルリナの中性脂肪への効果

調査レベル:B
人を対象にした二重盲検比較試験が5件、コホート研究3件

効果レベル:C+(効果あり)

8件の試験や研究のうち、6件で中性脂肪を下げる効果がありとされています。

52人の高脂血症患者(男性32人、女性20人)に12週間1gのスピルリナを飲んでもらったところ、中性脂肪が16.3%、LDLコレステロールが10.1%、総コレステロールが8.9%減少した。HDL(善玉)コレステロールは3.5%だけ増加した。
(出典:J Sci Food Agric. 2014 Feb)

2型糖尿病患者25人に毎日2gのスピルリナを2ヶ月間摂取してもらったところ、血糖値の他、中性脂肪やHDLコレステロールの数値も改善した。
(出典:J Med Food. 2001 Winter)

効果なしの2件は、被験者は肥満とされていません。

高齢者78人に4ヶ月間毎日8gのスピルリナを摂取してもらったが、とくに変化はなかった。
(出典:Ann Nutr Metab. 2008)

結論:メタボリック症候群の人には、スピルリナの中性脂肪を減らす効果がある
ただし、フィッシュオイル等より効果はだいぶ小さい。

【関連記事】
スピルリナはLDLコレステロールを減らす
中性脂肪が気になる方におすすめのサプリメントをランキング

スポンサーリンク