サイリウムは血糖値を下げる効果があるが…

サイリウムは、プランタゴ・オバタというオオバコの仲間の植物の種皮から取られたもので、成分の9割以上が食物繊維から成っています。

サイリウム

サイリウムのサプリメントは、便秘の解消に強い効果を発揮することがわかっています。

スポンサーリンク

ダイエットにも利用され、「オオバコダイエット」として販売されている商品のオオバコとは、サイリウムのことです。

オオバコダイエット

サイリウムは、血液をきれいにする効果もあって、LDLコレステロールや中性脂肪を減らすとも言われています。

今回は、サイリウムの血糖値への効果について調査してみました。

サイリウムの血糖値を下げる効果

サイリウムの血糖値を下げる効果

調査レベル:B
人を対象にした二重盲検比較試験が3件、メタ分析1件

効果レベル:B-(効果はあるが一時的)

二重盲検比較試験が3件のうち2件について、「血糖値を下げる効果あり」となっています。

効果あるとするもの

1日3回5gのサイリウムのサプリを6週間にわたって、第2種糖尿病患者128人に飲ませたところ、空腹時血糖値が顕著に下がった。LDLコレステロールも減少した。
(出典:J Diabetes Complications. 1998 Sep-Oct)

20人の2型糖尿病患者に毎日14gのサイリウムを6週間与えたところ、血糖値ほか各パラメーターが改善した。
糖の吸収は12.2%減少し、24時間尿糖は22.5%減少した。ただし、ヘモグロビンA1cは3.8%、インスリン分泌量は5%と大きな改善ではない
(出典:Eur J Clin Nutr. 2002 Sep)

反対に、効果なしとするものは

58人のコレステロール値が高い男性に10gのサイリウムを6週間摂取してもらったが、LDLコレステロールは下がったが、血糖値に影響はなかった。
(出典:Am J Clin Nutr. 1990 Dec)

どうも、摂取して短期的には血糖値を下げる効果があるものの、長続きしないことによって結果に差が生まれていると思われます。

「効果がある」とされた論文でも、過去およそ1~2カ月間の平均的な血糖値を示すヘモグロビンA1cは少ししか変わっていません。

結論:サイリウムは血糖値を下げる効果はあるが、一時的なものと思われる

【関連記事】
マグネシウムの血糖値を下げる効果は小さい

サラシアは、食後の血糖値の上昇を抑える

スポンサーリンク