グレープシードは血流を良くする

グレープシード(ぶどう種子エキス)は、豊富なポリフェノールを含んでいます。
その中身は、タンニンとプロシアニジン(カテキンがつながったもの)です。

グレープシード

グレープシードの効果としては、次のものがあげられます。

  • 抗酸化作用が強い
  • 血流を良くする
  • 血圧を下げる
  • コレステロールを減らす
  • 食欲を抑える
スポンサーリンク

なかでも血流を良くする効果が古くから知られていて、口コミサイトを見ても、女性が脚のむくみ解消に効果を実感していることが多いようです。

グレープシードの血流を改善する効果

グレープシードの血流を良くする効果

調査レベル:C
人を対象にした二重盲検比較試験が2件

効果レベル:B(顕著な効果がある)

調査件数は少ないですが、信頼度が高く、顕著な血流アップ効果が認められています。
グレープシードは、ピクノジェノールと同じ生物活性分子を持っていて、同様の効果があると考えられています。

36人を対象に行われた実験で、毎日2gのグレープシードサプリ(ポリフェノール1g含有)を4週間摂取したグループは、FMD測定で1.1%の血管拡張が確認された。
*FMD測定とは、超音波で血管の拡張率を測るものです。
(出典:J Biomed Biotechnol. 2004)

閉経した17人の女性を対象にした実験では、400mgのグレープシードサプリで血流の増加が認められています。
(出典:Thromb Res. 2007)

まとめ:グレープシードは血流を良くする顕著な効果がある。
ピクノジェノールの代替になるかもしれない。

【参考記事】
ピクノジェノールは血流を良くする
L-アルギニンはサプリで飲んでも血流アップ効果は小さい

スポンサーリンク