グルコサミンと関節の痛み

骨関節炎の痛みに効くとして、盛んに宣伝しているグルコサミンのサプリメント。

大正製薬「大正グルコサミン」
大正グルコサミン

サントリー「グルコサミン&コンドロイチン」
サントリー グルコサミン

世田谷自然食品「グルコサミン&コンドロイチン」
世田谷食品グルコサミン

などが知られていますね。
しかし、関節炎が良くなることも、痛みを緩和することも、グルコサミン単独では大きくは期待できないことが臨床試験で明らかになっています。

スポンサーリンク

グルコサミンの痛みを緩和する効果

グルコサミンの鎮痛効果

調査レベル:A
人を対象にした二重盲検比較試験が5件、メタ分析が3件。

効果レベル:C(効果は小さい)

グルコサミンの痛みを緩和する効果について、二重盲検比較試験5件中3件で痛みを減らすとなっており、残り2件で効果なしとなっています。

しかし、効果があるとするものも程度はたいへん微妙です。

318人の関節炎患者に対して行われた実験で、1,500mgのグルコサミンは、3,000mgのアセトアミノフェン(鎮痛薬:日本では「ノーシン」の主成分として知られている)と同等の効果があった。
(出典:Arthritis Rheum. 2007 Feb)

← ところが、グルコサミン・メーカー関係者によるお手盛りの試験であって、信用性に欠けるとコメントされています。

インディペンダントの試験だと

202人のひざ関節炎の患者を対象にした試験で、3年間毎日1,500mgのグルコサミン硫酸塩を投与されたグループは、プラセボ(偽薬)グループより関節炎の進行が20-25%遅くなった。
(出典:Arch Intern Med. 2002 Oct 14)

などと偽薬との差は微妙な感じです。

また、効果が否定された実験では

1583人の関節炎の患者に行われた実験で、6ヶ月間毎日1,500mgのグルコサミンだけを投与されたグループは、痛みを和らげる効果はなかった。ただコンドロイチンとあわせた場合は効果がある可能性がある。
(出典:N Engl J Med. 2006 Feb 23)

メタ分析では、グルコサミンは長期間服用することで、痛みの尺度を0-100とした場合に、13ポイント改善するとなっています。

結論:グルコサミンの関節炎の痛みを緩和する効果は小さい

【 関連記事 】
クルクミン(ウコン)の鎮痛効果は優れている
ショウガの抗炎症作用

スポンサーリンク