クロムは中性脂肪には影響しない

クロム(クロミウム)は血糖値を改善するとして、糖尿病の方に隠れた人気があるサプリメントです。Amazonのレビューでも高評価を得ているようです。

クロム(クロミウム)

クロムの効果については、2型糖尿病の患者を対象にした臨床試験が多数行われていて、その際に、血圧や血中の脂質に関する項目も調べられています。

そのなかで、今回は、クロムが中性脂肪を減らすかについて調べてみました。

スポンサーリンク

クロムの中性脂肪を減らす効果

クロムの中性脂肪への効果

調査レベル:A
人を対象にした二重盲検比較試験が15件、メタ分析1件

効果レベル:D(効果なし)

15件の二重盲検比較試験のうち、「効果あり」という結果になったものは1件だけです。

抗レトロウイルス療法の影響で、インスリン抵抗性が高くなってしまった46人のHIV患者に対して、400μgのクロムを16週間投与したところ、インスリン抵抗性が改善したとともに中性脂肪の値も5.7%下がった。
(出典:Curr HIV Res. 2010 Mar)

ほとんどは「効果なし」です。

2型糖尿病患者180人に、200μg、または、1000μgのクロムを4ヶ月与えたところ、空腹時血糖値は下がった。総コレステロール、中性脂肪に変化はなかった。
(出典:Diabetes. 1997 Nov)

2型糖尿病患者93人に28週間にわたって200μgのクロムを1日2回飲んでもらったところ、血糖値は著しく改善したが、コレステロールや中性脂肪は改善しなかった。
(出典:J Nutr Biochem. 2002 Nov)

結論:クロムに中性脂肪を減らす効果はない

【関連記事】
クロムの血糖値を下げる効果 評価は分かれる

スポンサーリンク