クルクミン(ウコン)と認知機能

インドの人には認知症が少ないそうです。
その理由として、カレーに使われる代表的スパイスのターメリック(ウコン)の健康成分クルクミンのおかげだという説があります。

カレーのスパイス ウコンなど

それによると、ウコン(クルクミン)には次の効果があると主張されています。

  • ウコンは、BDNF(脳由来神経栄養因子)を増やす
  • ウコンは、脳血液関門を通過して、活性酸素から脳や神経を守る(抗酸化作用がある)
  • ウコンは、アミロイドβを除去する

*アルツハイマー型認知症の場合、脳内にアミロイドβというタンパク質が溜まっていくこと原因ではないかとする仮説があります。

スポンサーリンク

実際に、ウコンと認知機能の関係について、人を対象にした臨床試験がありましたので、紹介します。

ウコンの認知機能を改善する効果

クルクミン(ウコン)の認知機能改善効果

調査レベル:C
人を対象にした二重盲検比較試験が1件

効果レベル:C(効果は小さい)

50歳以上の記憶力の低下した27人の男女を対象にした試験で、6ヶ月間1g または 4gのクルクミン(ウコンの有効成分)を摂取したグル-プは、血中のアミロイドβの着色やイソプラスタンに違いは見られなかったが、血中のアミロイドβのレベルは上昇傾向にあった。
MMSE認知症テストの結果は、偽薬グループが1.3ポイント悪化しているのに対して、横ばいであった。
(出典:J Clin Psychopharmacol. 2008 Feb)

上の試験を見る限りでは、ウコンはアミロイドβを脳から排出している可能性はありますが、小さいもののようです。
ミニメンタルステート検査(MMSE)の結果は、他のサプリと比べて、とくに優れているわけではありません。

ただ、ウコンの健康成分クルクミンは体に吸収されにくい物質です。最近アメリカで大流行している、吸収率を高めたバイオペリン入りのクルクミン・サプリでも評価して欲しいと思います。

バイオペリン入りクルクミンサプリ

まとめ:ウコンは認知機能を改善する効果は今のところ小さい

【 関連記事 】
クルクミン(ウコン)の抗炎症作用は顕著である
アルファGPCはアルツハイマーに効果あり

スポンサーリンク

2件のコメント

  • さい

    いつもブログを書いていただいてありがとうございます。

    IQが上がるみたいな
    期的なサプリはないものでしょうかねぇ

  • supple-king

    コメントありがとうございます♪
    次々回より「頭を良くする」というテーマで書きます。
    (単独でIQを上げるようなものはむずかしいかと思います)

    みゆき