クルクミン(ウコン)の血圧を下げる効果は小さい

クルクミン(ウコン)の健康効果が注目される一方で、クルクミンは体内に吸収されにくいという問題があります。

そこで、クルクミンの吸収率を上げるために、次のいずれかが必要です。

  • 黒コショウ(ペパリン)と一緒に摂る
  • レシチン(ホスファチジルコリン)と一緒にしたサプリを摂る
  • ウコンを微細分子化したサプリを摂る
  • ウコンを水溶性に変化させたサプリを摂る

ウコンのサプリ選びの際には上のいずれかの手法で体内への吸収率に配慮したものを選ぶのが肝要です。

ウコンの力

スポンサーリンク

さて、今回はウコンの健康成分クルクミンには、血液をサラサラにする効果があると言われていますが、実際に血圧を下げるのか調査してみました。

クルクミンの血圧を下げる効果

クルクミンの血圧を下げる効果

調査レベル:B
人を対象にした二重盲検比較試験が3件

効果レベル:C-(効果は非常に小さい)

3件中2件で血圧が下がる効果が認められていますが、程度は小さいです。

更年期を過ぎた女性32人を対象にした実験で、150mgのクルクミンを毎日8週間摂取したグループは、血圧が下がった。ただし、高血圧ではない人の収縮期血圧で-5mmHg程度。心拍数に変化はなかった。FMD検査によって血管内皮機能の向上と血流の増加は認められた。
(出典:Nutr Res. 2012 Oct)

腎炎の患者24人を対象にした実験で、1日3回、500mgのウコン(クルクミン含有量22.1mg)を食事に混ぜて投与されたグループは、収縮期血圧が顕著に下がった。
(出典:J Ren Nutr. 2012 Jan)

また、2型糖尿病患者40人の実験では血圧を下げる効果は認められませんでした。

結論:クルクミン(ウコン)の血圧を下げる効果は非常に小さい

【関連記事】
クルクミン(ウコン)の鎮痛効果は優れている
クルクミン(ウコン)の抗炎症作用は顕著である
高血圧の人におすすめのサプリは、「にんにく」である

スポンサーリンク