クルクミン(ウコン)は一酸化窒素を増やす

クルクミン(ウコン)の効果としては、血中の一酸化窒素(NO)を増やすはたらきも注目されます。
その効果は、良く知られているL-アルギニンやL-シトルリンを凌ぐとさえ言われています。

一酸化窒素(NO)は、血管を柔らかく拡張して、血流を増やします。
この一酸化窒素の働きを発見したルイス・J・イグナロ博士は、ノーベル賞を受賞しています。

一酸化窒素でアンチエイジングの本

実は、あのバイアグラも、血中の一酸化窒素を生成させることで、血流を増やして男性機能を回復させるものです。
ですから、男性の皆さんは、カレーを常食していればバイアグラに頼らなくて済むかもしれませんね。

スポンサーリンク

クルクミンの一酸化窒素を増やす効果

クルクミンの一酸化窒素を増やす効果

調査レベル:C
人を対象にした二重盲検比較試験が1件のみ

効果レベル:B(顕著な効果がある)

実験は1件のみですが、たいへん効果があるという発表がされています。
データだけを見ますと、アルギニンやシトルリン、L-カルニチン、フィッシュオイル、イチョウエキスに比べても段違いに強い効果があるようです。
今後はもっと実験を重ねて、より確かなデータとして欲しいものです。

38人の40歳から80歳の健康な男女を対象にした実験で、400mgのウコンエキス(クルクミン80mg)を毎日4週間投与されたグループは、血中の一酸化窒素が40%近く増加した。
(出典:Nutr J. 2012 Sep)

結論:クルクミン(ウコン)は一酸化窒素を増やす顕著な効果がある。
天然のバイアグラと言われるものは、いくつもありますが、実はクルクミンかもしれません。

【関連記事】
L-アルギニンはサプリで飲んでも血流アップ効果は小さい
クルクミン(ウコン)の鎮痛効果は優れている

クルクミンの含有量が多いサプリは
↓ ↓

スポンサーリンク