クルクミンはLDLコレステロールを減らさない

ウコンの健康成分クルクミンは、血中の一酸化窒素を増やし、血流を良くします。
ただ、海外のサプリメーカーのサイトに書いてあるような、血液をサラサラにする効果はあまり大きくないようです。

今回は、クルクミンが、LDL(悪玉)コレステロールを下げるのか調査してみました。

ウコンの力

スポンサーリンク

クルクミンの血圧を下げる効果

クルクミンのLDLコレステロールを減らす効果

調査レベル:B
人を対象にした二重盲検比較試験が3件

効果レベル:C-(効果は非常に小さい)

3件の実験中で、LDLコレステロールが下がる効果が認められているのは、1件のみです。

急性冠症候群に苦しむ患者63人を対象にした実験で、2ヶ月間クルクミンを毎日3回、それぞれ15mg、30mg、60mg投与されたグループは、いずれもLDLコレステロールが下がった。その他、HDLコレステロール、中性脂肪の値も改善された。が、摂取量が少ない方が成績は良かった。
(出典:Acta Med Indones. 2008 Oct)

効果なしは

高齢者36人に6ヶ月間毎日1g、または4gのクルクミンを摂取してもらったが、血中の脂質に関するパラメーターに変化はなかった。
(出典:Pharmacol Res. 2007 Dec)

などです。

結論:クルクミンのLDLコレステロールを減らす効果は非常に小さい。
なお、善玉(HDL)コレステロールを増やす効果、総コレステロールを増やす効果も、同様に、微妙です。

クルクミン(ウコン)の抗炎症作用は顕著である
クルクミン(ウコン)の鎮痛効果は優れている
悪玉(LDL)コレステロールが気になる人に おすすめは「にんにく」

スポンサーリンク