カカオエキスの血圧を下げる効果は非常に小さい

カカオエキスは、動脈硬化を予防するとして、たいへん注目されています。
とくに血流を良くする効果については、「顕著である」と科学的に認められています。

カカオ・チョコレート

では、血圧も下げるのでしょうか?
どうやら少し他の事情もあるようです。

スポンサーリンク

カカオエキスの血圧への効果

カカオエキスの血圧への効果

調査レベル:A
人を対象にした二重盲検比較試験が16件

効果レベル:C-(効果は非常に小さい)

16件の二重盲検比較試験のうち、「効果あり」とされたものは5件のみです。

そのうち、顕著に効果があったのは

グレード1の高血圧の患者(未治療)20人に対して、100gのダークチョコレート(カカオポリフェノール87mg相当)を15日間食べてもらったところ、上の血圧が11.9、下の血圧が8.5(mmHg)下がった。
(出典:Hypertension. 2005 Aug)
*グレード1の高血圧とは、収縮期血圧が140~159、拡張期血圧が90~99(mmHg)の軽症の高血圧のことを指します。

くらいで、あとは「効果あり」も少し血圧を下げた程度です。

49人の肥満の男女に、運動とあわせて、451mgのカカオポリフェノールを含む飲料を12週間飲んでもらったところ、拡張期血圧(下の血圧)が下がった。収縮期血圧(上の血圧)は偽薬と有意差はなかった。心拍数、血中脂肪酸も変化はなかった。
(出典:Int J Obes (Lond). 2008 Aug)

多くは「効果なし」というものです。

なぜ、血流は改善するのに血圧は改善しないのでしょうか?

それは、カカオに含まれる、キサンチン類(カフェイン、テオブロミン)のせいだと考えられます。
カフェインなどは血管を収縮させ、血圧を上昇させる作用があります。
互いの働きが中和するため、ココアエキスは血圧を下げる効果はほとんどないのです。

結論:カカオエキスの血圧を下げる効果は非常に小さい

【関連記事】
GABAは、高血圧の人におすすめか?
カカオエキスの血糖値を下げる効果は小さい

スポンサーリンク