アマチャヅルはヘモグロビンA1cを下げる

ヘモグロビンA1cが高いと息切れしやすくなると言われています。
赤血球中のヘモグロビンは、酸素を全身に運んでいますが、ヘモグロビンのうち糖と結びついたヘモグロビンA1cの割合が多くなると、その分酸素を運べなくなるからです。

もしあなたが最近、息切れを感じているなら、それはヘモグロビンA1cが高いせいかもしれません。

アマチャヅルは、近年血糖値を下げる効果が注目されています。ヘモグロビンA1cも下げますので、血糖値が気になる人はお茶として常飲されてはいかがでしょうか?
「血糖値が高い人にオススメ」と宣伝しているサプリやトクホ商品と違って、安価で続けやすいです。

あまちゃづる茶

スポンサーリンク

アマチャヅルのヘモグロビンA1cを下げる効果

アマチャヅルのヘモグロビンA1cを下げる効果

調査レベル:C
人を対象にした二重盲検比較試験が2件

効果レベル:B(顕著な効果がある)

臨床試験で2件とも良好な結果が出ています。
アマチャヅルは、ヘモグロビンA1cを平均2%も下げます。
今後、もっと試験回数が増えればA評価も期待できそうです。

グリクラジド(血糖値を下げる薬)を飲んでいる2型糖尿病の患者25人を対象にした実験で、あわせて毎日5gのアマチャヅルを飲んだ患者のグループは、空腹時血糖値もヘモグロビンA1cも明らかに下がった。
(出典:Evid Based Complement Alternat Med. 2012)

2型糖尿病の患者24人を対象にした実験で、食事療法や運動と併せて、毎日6gのアマチャヅルをお茶にしたものを12週間飲んだグループは、血糖値が平均54mg/dl改善した。これに対して食事療法+運動+偽薬(プラセボ)のグループは平均10.8mg/dlの改善に留まった。アマチャヅルのグループは、ヘモグロビンA1cも約2%も下がった。
(出典:Horm Metab Res. 2010 May)

結論:アマチャヅルはヘモグロビンA1cを下げる顕著な効果がある

amazonでアマチャヅル茶を探す
btn01_amazon

【関連記事】
アマチャヅルは血糖値を下げる
DHA&EPAはヘモグロビンA1cを下げない

スポンサーリンク