このサイトについて

「サプリメントの効果 ホントの話」では、科学論文を元にサプリメントの効果をランク付けしています。
サプリメント選びの参考にして頂ければ幸いです。

L-アルギニンと成長ホルモン 効果はあまりない

成長ホルモン(GH)は、名前の通り、成長を促したり若さを保つ役割をする、脳下垂体から分泌されるペプチド型ホルモンです。

成長のイメージ

成長ホルモンは、経口摂取では、胃で分解されてしまうため効果はありません。注射による治療は、特定の疾患の場合に限って、認められています。アンチエイジングや肉体改造のための成長ホルモン摂取は、副作用が懸念されるため、認められていません。

したがって、普通の健康な人が成長ホルモンを増やすには、運動、睡眠、栄養に注意することが必要です。サプリメントでは、L-アルギニン(L-シトルリン)、L-グルタミン、アルファGPC、ビタミンC等が関係あると言われています。

「L-アルギニンと成長ホルモン 効果はあまりない」の続きを読む…

ルテインの眼を守る効果

私たちの眼は、スマホの普及などで、絶えず光の刺激に晒されています。

ルテインを含んだサプリメントは、「光刺激から眼を守る」の機能性表示が認められているものも多く、いまとても人気です。

ルテインの機能性表示「光刺激から眼を守る」

ここでは、ルテイン・サプリの眼を守る効果が本当にあるのかについて、お話させて頂きます。あわせて、ルテインと一緒に語られることが多いゼアキサンチンについても説明致します。

「ルテインの眼を守る効果」の続きを読む…

ホエイプロテインと筋肉量 効果は小さい

ホエイプロテインは、牛乳のホエイ(乳清)からつくられたタンパク質です。
牛乳からできているプロテインには、もう1つカゼインプロテインがあります。

ホエイプロテインは、カゼインプロテインが不溶性で吸収が遅いのに対して、水溶性で吸収が早く、そのため、すぐに筋肉になりやすいように宣伝されています。

ホエイプロテイン

ホエイプロテインは、そのままでは非常に不味いので、サプリメントとして、匂いや味を加えて販売されています。

アスリートや筋肉を付けたい人に、ホエイプロテインは人気です。が、他のプロテイン(大豆プロテイン、カゼインプロテイン)より有利だというエビデンスはなく、あえて値段の高いホエイプロテインを摂取する必要があるかは疑問です。

「ホエイプロテインと筋肉量 効果は小さい」の続きを読む…

クレアチンで筋肉量増加の正体

クレアチンもHMBと同様にアスリート向けに愛用者が多いサプリです。

クレアチンは、筋肉を動かすエネルギーを生成するのに関わる重要な物質です。

クレアチン

そのため、クレアチンを摂取することで短期的に瞬発力が向上します。これについては、60件以上の人を対象にした臨床試験があって、立証されていると言って良いと考えます。
しかし、サプリメーカーが宣伝しているように、筋肉を大きくしたり、筋肉量を増やす効果があるかというと少し疑問が出てきます。
というのも、クレアチン摂取で増えたように見える筋肉量の正体は、実は水分ではないかと考えられるからです。

「クレアチンで筋肉量増加の正体」の続きを読む…

HMBは筋肉量を増やさない

HMBは筋肉を増やさないし、筋力(瞬発力・パワー)もつけない 効果なし

いまアスリート向けのサプリとしてHMBが人気です。

ダンベルトレーニング

HMB(β-ヒドロキシβ-メチル酪酸)は、必須アミノ酸ロイシンの活性代謝物です。
ロイシンが分解される際に、5%ほどがHMBになります。

ロイシンやHMBには筋肉の損傷を防ぐ効果がありますが、この目的のためには、ロイシンよりHMBとして摂取する方が、量が20分の1で済むし、効率も良いとされています。
つまり、ロイシンは1日20g-60g摂取する必要がありますが、HMBは1日1-3gで十分です。

このため、筋肉が萎縮しそうなケース(たとえば、AIDSや寝たきりや過激な減量の場合等)では、HMBを摂取することは、役に立つと考えられます。

「HMBは筋肉量を増やさない」の続きを読む…